業務用有機米
トップQ&Aご注文商品一覧お問い合わせお支払いの方法法律に基づく表記

業務用、レストラン用、加工食品用でオーガニック米を使用する場合


2005年産あきたこまち玄米です。前年産に比べ外観は変わりませんが、味は少し良くなったようです。味度78−82程度です。
50ポンド(22.7kg)紙袋で輸入しています。
精米、玄米共に小分けは1kg、2kg、5kg、10kg、その他等お客様のご要望に応じられます。
業務用、レストラン用
あきたこまち精米、あきたこまち玄米が考えられます。また年間で51トン以上(残留農薬検査のポジティブリスト制移行に伴う措置により、2005年12月の入札から最低ロットが34トンに引き上げられ、2006年5月からは51トンに上がる見込みです。)の需要が見込める場合バスマティライス(パキスタン原産地の長粒種)や、アルボリオ(イタリア原産地のリゾット用に最適の品種)などの品種も可能になります。お見積もりは下記へご連絡お願いいたします。
左の写真はカリフォルニアのスーパーで販売されている有機アルボリオと有機バスマティです。日本へは51トン単位で輸入しないと採算が合わないのでまだ需要がない現在、サンプルしかありません。年間で51トン以上の契約ができれば輸入可能です。


S102(短粒種)の破砕米です。砕精米のマークアップ(輸入差益)は丸米の半分程度なので、加工食品の原料用には破砕米にして輸入しています。原則900kgフレコンにて輸入してます。
加工食品用
あきたこまち精米、あきたこまち玄米、のほかS102(短粒種で粒が大きめ、多少心白が見られます。酒造好適米に外観は似ています。)を砕米にして輸入したものが味噌やお酢の原料米として使用されています。
SBS入札でおけるマークアップ(輸入差益)が砕精米の場合40円〜45円前後ですが、丸米は80円から100円程度になるのでわざわざ現地に破砕機械を据えて、丸米を破砕してSBS入札の砕精米の枠で輸入しています。
有機もち米も取り扱っています。カリフォルニアもちと、まだ少量ですが、こがねもちにもチャレンジしています。こちらもポジティブリスト制により検査費用が185万円かかることになり、最低ロットも51トン以上となりました。
見積もりは下記までご連絡お願いいたします。

連絡先

有機米屋
代表責任者 中島良一(なかじま りょういち)
福岡農産株式会社 直販部
スタッフ:松尾節(まつおたかし)
〒827-0003 福岡県田川郡川崎町川崎3986番地
TEL:0947-72-3122(平日8時〜17時、第2、第4土曜、日曜祭日休み)
FAX:0947-72-3058(年中無休24時間受付)

トップQ&Aご注文商品一覧お問い合わせお支払いの方法法律に基づく表記